借金支払いガイド

借金の支払いに苦しんだ体験談集

キャッシングも借金

お金がどうしても足りず、初めてクレジットカードのキャッシングのお世話になった。
金額は10万円。
10万円ならたいした利子も付かないし、すぐに支払いも終わるだろうと思ったが、初回の明細書をみて驚いた。
利息が月2000円もかかっている。
返済も思ったほどは早く終わらず、かなりの期間に渡って続くようだ。
失敗したかなと思ったが、どうしても必要だったときに10万円借りられたのは本当にありがたいことだ。
利息がもったいないので何とか早く済したいが、無理をしてまたお金が足らなくなって、他のところからキャッシングをすることだけは避けたい。
3月になればお金が入ってくるアテがあり、それを見越してのキャッシングだったため、支払いに対する不安はあまりないが、もったいないという気持ちが強い。
キャッシングという響きのいいことばにだまされがちだが、当然キャッシングも借金であり、利息もつけば支払い期日も来る。
どのくらい利息がかかるのか、いつ支払いが終わるのかを借りる前にきちんと把握しておかなかった自分は甘かったなと思う。
今回は10万円と小額のキャッシングでそのことに気がつけてよかった。
「ご利用は計画的に」ということばはCMなどでよく耳にするが、本当に必要なことだと身を持って知った。
クレジットカードのキャッシングも借金であることを肝に銘じて、返済計画を理解・納得してから借り入れを行う必要がある。

 

 

銀行は消費者金融と同じです

友人の話ですが、銀行にお金を借りる時は、まずは見せ金が必要だということです。
銀行から、500万円の融資を受けたい時に必要になってくるのは、その分のお金を借りる時に見せる見せ金が、通帳に300万円必要だということです。
お金の出所は親であろうが、友達であろうが問題ではありません。
通帳が自分のもので、そこに300万円の記入があればOKなのです。
その300万円分のお金が担保に、500万円というお金が借りれます。
銀行は通帳に記載されている300万円の記入をみて、これなら何処かから借りてでも、返済させられると思っているのでしょう。
キッチリと、取り立てする段取りまで組んでいるので、消費者金融よりもしっかりしてます。
お金のあるところには、お金を借りてくれというのに、本当に貸して欲しいところには、お金を貸してくれないのは、どういうことかと不思議に思いますね。
通帳に記入されているお金が、自由に使えるものなら、別に借りることもないのですから、不思議なモノです。
銀行はお金を貸して、喜んでもらうことが仕事ではなくて、お金を貸して、利子を稼いで、自分のところが喜ぶことが目的になっています。
まずは自分(銀行)が儲けを出すことが一番なのです。
銀行の為に働くのではなく、自分の店の為にも、早めの借金返済を目指してがんばりましょう。

 

 

主人の借入に次ぐ借入

最初の主人のわけのわからない借金は、病気持ちの私が長期入院している時です。
自分ひとりで寂しかったのか、知人にお金を借りてパチンコをしていました。
金額は何十万という金額で、私が入院する直前に亡くなった母の遺産相続があってから、「借金をした」と聞きました。
「遺産があるから返せるだろう?」という主人の言い分に、「あなたの親の葬式代に置いておくお金のつもりだったのに!」と怒りました。
借りた人に「返済してくれ」って言われてるらしく、断腸の思いでお金を都合して返済をしました。
その時、二度と借金はしないって約束をしました。
約束はしたものの、お金を借りた主人を信じられなくなりました。
今年の春も私は入院したんです。
子供が一人いるんですけれど、きちんと子供のこともしてくれてありがたいなって思っていました。
けれど、私が退院してから主人の様子がおかしくなりました。
会社の人と上手く付き合えなくなり、その原因は主人で、真面目な会社のほかの社員さんに、パチンコばっかり行っていることを咎められていじめられるようになりました。
夏になって、主人の銀行のキャッシングが発覚しました。
家に銀行からの督促状が届いたからで、なにかのお知らせだろうって開けてみたら、限度額オーバーの督促状でした。
主人は夜のバイトに行っています。
キャッシングで借りたお金は、家計費の責任ではなくて、自分の責任で支払いをしてもらっています。

 

 

浪費ぐせが抜けなくて借金100万円

以前は電機メーカーの総合職として働いていた私。
同じ年代の女性の平均より高額のお給料をいただいていました。
当時の私は貯金をする意識は全くなし。
入ってきたお給料はブランド物やおいしいご飯や海外旅行に全て消えていってしまいました。
ところが、30代に入ってから激務が原因で体調を崩し、転職することに。
すると収入が激減してしまったのです。
収入は減ったものの、浪費癖がなかなか抜けず、カードでついつい買い物をする毎日。
積もり積もった借金はついに100万円を超えてしまいました。
さすがにこれはまずいと思い、生活の見直しを開始。
食事は三食自炊に、光熱費も節約に努め、美容代や洋服代もばっさりカットしていきました。
少しずつ済し始めたものの、収入が低いため返済スピードがいまひとつ上がりません。
そこで、副業としてアルバイトを始めることにしたのです。
アルバイト先はコンビニエンスストア。
時給は安いのですが、短時間でも働けることと、家から近いことが決め手になりました。
この副業のお陰で手取り月収が2万円ほどアップ。
返済スピードも速めることができました。

残る借金は約25万円ほど。
少しでも早く借金返済を終えて、今度は貯金を始めたいと思っています。

 

 

夜間の掛け持ちバイトで借金返済へ

私が借金をすることになったのは、勤め先が仕事の減少で私を解雇したからです。
しかもこの勤め先は個人事業主の事務所だったため、フルタイムで働いていたのに失業保険をもらうことができませんでした。
そこで、当時持っていたクレジットカードのキャッシングを使って30万円を借りて、2ヶ月だけ全力で就職活動することにしたのです。
計画通りに何とか就職先を見つけることはできたものの、借金は残ったままです。
再就職先でも給料が上がったわけではないので、利息だけでも1万円弱支払う必要がありました。
手取り月収20万円に満たない状態でこれでは、ずっと借りたお金が返済できません。
一念発起して、二ヶ月だけ大手宅配便業者で仕分けのアルバイトをすることにしました。
こうしたアルバイトは会社によって善し悪しがありますが、期間を決めてしっかり稼ぐことはできるのです。
この副業アルバイトで十数万円を稼ぎ、繰り上げ返済して元金を半減させることができました。
半分になれば支払わなければならない利息も半分になるわけですから、あとは計画的に借金返済すればいいと思ったのです。
これは成功して、借入を完済できたのですが、最初にまず頑張って元金を減らしたのがよかったのでしょう。
利息を支払い続けるだけでは、なかなか元金は減らないのです。

 

 

借金返済の生活を送っています

私はいま借金返済の真っ只中にいます。
お金を借りた理由は軽はずみな動機にてでした。
物事を何でも軽く考えてしまい、しかもまともな考え方をせずに、その場しのぎにて自分が楽ができるように考えてしまうので、その考え方が金銭感覚にまで現れて、お金を借りてしまったのです。
その場しのぎ、なんとかなる、ポジティブといえば聞こえがいいのですが、自分はあまりにも単純でおばかでした。
そうして軽い気持ちで借金を繰り返し、気付けば多重債務者となり返済に追われています。
毎月返す金額は一定ですし、それ程高額ではないので、返済金額だけで考えればそれ程負担ではないのですが、毎月無駄なお金を返しているような気分になってしまうので、この借金返済が早く終われば自分は自由になれる、とまで思ってしまうようになりました。
誰かが肩代わりして代わりに完済してくれないかな、とさえ思ってしまいます。
しかし、現実にそのような都合の良い事は起こりませんし、そんな他力本願な考え方をしていたらいつか詐欺に遭ってしまうかもしれません。
返済が完了すれば全てが上手く行き、恋人もできて幸せになれるような錯覚さえしており、とにかく今はお金のことばかり考えてしまいます。

 

 

 

管理サイトの紹介

 

借金返済の方法|家族に知られずに借金を解決するには

 

もう返せない!と思ったら無理をせずに周囲の知恵を借りることです。
こちらのサイトは、借金返済方法に関する情報、債務整理の知識、様々な体験談などを紹介しています。
QAコーナーも設置しておりますので、お問い合わせ頂ければできる限り質問に回答させて頂いております。
またローンの計算の助けとなるよう、簡単に利息や支払額が算出できる機能もありますので、必要に応じて利用してください。